【ニュース】Apple公式サイトで「無料のメッセージ刻印」可能な全製品が、絵文字の刻印に対応。Apple PencilやiPod touchも

刻印サービスの絵文字対応

Apple公式サイトではiPadなどを対象に、好きなメッセージを刻印して注文できる、無料サービスが提供されています。
これまで一部の製品で可能だった絵文字の刻印が、刻印サービス対象のすべての製品で可能になっています。

刻印サービスの絵文字対応

刻印に対応しているのは、以下の製品です。

  • AirPods
    • AirPods with Charging Case
    • AirPods with Wireless Charging Case
    • AirPods Pro
    • AirPods Max
  • iPad
    • iPad
    • iPad mini
    • iPad Air
    • iPad Pro
  • Apple Pencil(第2世代)
  • iPod touch
  • AirTag
刻印サービスの絵文字対応

AirPods充電ケース以外は、○または●で囲まれた英数字「囲み英数字」も、絵文字として入力できます。

刻印サービスの詳細ページ:無料のメッセージ刻印とギフト包装 – Apple

ニュース解説

iPadとApple Pencilは4月から、iPod touchは6月から、絵文字の刻印に対応していたようです。

絵文字が刻印できるのは、当初はAirPods充電ケースだけでした。
それもサービス開始時は、絵文字を入れる場合は1文字限定で、テキストとの併記もできませんでした。
その後の改訂で、テキストと組み合わせたり、複数の絵文字を入力できるように変わりました。

AirPodsの刻印サービス

【ニュース】AirPodsのメッセージ刻印サービスが、絵文字とテキストを組み合わせ可能に

2020年11月23日

関連記事:AirPodsのメッセージ刻印サービスが、絵文字とテキストを組み合わせ可能に

AirPods MaxとAirTagは、発売当初から絵文字と囲み英数字の刻印ができます。
絵文字は用意されているものから選ぶ方式です。
iOSに搭載されている、すべての絵文字を使えるわけではありません。

刻印はApple公式サイト(オンラインストア)で、注文時にだけ申し込めるサービスです。
購入手続き後に申し込むことはできません。
刻印に料金はかかりません。
刻印を入れないときよりも、納期がかかります。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~