【豆知識】iOS 15/iPadOS 15の「テキスト認識表示」。写真/カメラアプリで看板や手書きの文字を認識して、コピー&ペーストや翻訳が可能

テキスト認識表示

iOS 15とiPadOS 15の新機能「テキスト認識表示」について解説します。

テキスト認識表示

写真・画像の中にある文字を認識して、テキスト翻訳やコピー&ペーストができます。
日本語の認識にはまだ対応していませんが、日本語への翻訳はできます。
写真に撮らなくても、「カメラ」アプリで捉えている映像を直接認識することも可能です。

iOS 15/iPadOS 15なら、すべてのデバイスで利用できるわけではなく、対応機種が限られています。
利用には設定が必要です。

テキスト認識表示に対応する機種

  • iOS 15を搭載した、iPhone XS、iPhone XR以降と、iPhone SE(第2世代)
  • iPadOS 15を搭載した、A12 Bionic以降を搭載したiPad
    • 12.9インチiPad Pro(第3世代)以降
    • 11インチiPad Pro
    • iPad Air(第3世代)以降
    • iPad(第8世代)以降
    • iPad mini(第5世代)以降

iPhone/iPadとも、「A12」以降のプロセッサが必須となっています。
iPhone XやiPhone 8には対応していません。
iPod touchは第7世代でも利用できません。

利用するための設定

テキスト認識表示の設定項目

設定 > 一般 > 言語と地域
の中にある、「テキスト認識表示」をオンにします。
デフォルトではオフになっています。

認識できる言語

テキスト認識表示の対応言語の確認ダイアログ
  • 英語
  • 中国語
  • 広東語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • スペイン語

認識した言語から、日本語への翻訳はできます。
まだ日本語の認識には対応していませんが、日本語の文中に含まれる英数字、電話番号、メールアドレス、URLなどは認識できます。

(2021年10月時点)

なにができる?

文書、名刺、看板、手書きの文字などを認識して、テキストデータとして利用できます。

テキスト認識表示

写真の中の文字を長押しすると、テキストの選択ができます。
範囲を選択して、「コピー」「調べる」「翻訳」「共有」ができます。
電話番号やメールアドレス、URL、日付などは自動で認識し、それぞれに対してアクションを起こせます。

テキスト認識表示

写真の右下に表示されるインジケーターアイコンをタップすると、写真の中で認識されている文字が、すべてハイライト表示されます。

カメラでのテキスト認識表示

「写真」アプリ内の画像だけではなく、「カメラ」アプリで捉えている映像も、リアルタイムで認識され、直接コピーや翻訳ができます。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~