【ニュース】WWDC 2022のスケジュールを発表。基調講演は日本時間6月7日(火)午前2時から配信

WWDC22

Appleが開発者向けイベント「WWDC」(世界開発者会議)のスケジュールを発表しています。

ニュースリリース:Appleの世界開発者会議、6月6日(日本時間6月7日)に基調講演で開幕 – Apple

例年6月に米国で開催されているイベントです。
2020年、2021年に続いて、今年もオンラインで開催すると発表されていました。
開催日程は、日本時間6月7日(火)〜11日(土)です。
具体的な開催内容とスケジュールが明かされています。

WWDC

基調講演が日本時間6月7日(火)午前2時から開催されます。
公式サイトやApple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeでストリミーミング配信されます。
終了後はオンデマンドで視聴可能になります。

新しいツールやテクノロジーについて配信する「Platforms State of the Union」や、1対1で質問やレビューを申し込めるラボ、開発者フォーラムも用意されます。
4月に応募を受け付けていた学生向けコンテスト「Swift Student Challenge」の結果は、開催に先立ってに本日受賞者が発表されます。

WWDC公式サイトと公式アプリ「Apple Developer」で、内容を確認できます。

ニュース解説

iOSやmacOSなどの新バージョンが発表さるのが恒例となっているイベントです。
昨年のWWDCでは、iOS 15やmacOS Montereyなどが発表されました。
ソフトウェアの正式リリースは秋以降です。
ハードウェアの新製品が発表されることもあります。

今回は「Apple Park Special Event」として、抽選で選ばれた開発者を招待するイベントも実施されます(応募締切済)。
COVID-19の陰性証明が必要です。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen