【豆知識】iPad Air(第5世代)には第4世代と同じケースを使える。第3世代までのケースや、11インチiPad Pro用ケースとの互換性は?

ふたつのiPadケース

2022年3月に発売されたiPad Air(第5世代)は、2020年10月発売のiPad Air(第4世代)と、まったく同じ形、同じ大きさです。

iPad Air(第4世代)用ケースとの互換性

そのため第4世代に対応するケースは、第5世代にも使えます。
画面保護フィルムも、同じものを使えます。

第1〜第3世代iPad Air用ケースとの互換性は?

古いiPad Air用ケースとの互換性

iPad Air(第1世代)、iPad Air 2、iPad Air(第3世代)は、ホームボタンとLightning端子を搭載しています。
これらのケースは、iPad Air(第4世代)以降には対応していません。
第4/第5世代のiPad Airは、ホームボタンが無くて、接続端子はUSB-Cです。

11インチiPad Pro用ケースは使える?

iPad Pro用ケースとの互換性

11インチのiPad Proと、第4/第5世代のiPad Airは、ほぼ同じ大きさです。
iPad ProとiPad Airの、両方に対応するケースもあります。

ただしiPad ProとiPad Airには、以下の違いがあります。

  • 背面カメラレンズの大きさ
  • Touch IDの有無
  • スピーカー/マイクの位置
  • 環境光センサーの位置
  • 厚み(差は0.2mm)

iPad Pro用のケースが、iPad Airでも利用できるとは限りません。
逆も同じで、iPad Air専用に設計されたケースは、iPad Proには装着できません。

iPad ProとiPad Airの両方に対応したケースは、上記の違いのどちらにも対応するように、開口部を大きく開けたりしています。
iPad Airにケースを装着したときに、カメラレンズまわりに不自然なスペースが開いているとしたら、iPad Proの大きなカメラレンズに対応させるための設計です。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen