【編集後記】アスリート向けApple Watch Ultraの登場で、Apple Watch Nikeモデルが廃止に。バンドは販売継続され、専用だった文字盤は誰でも利用可能に

Apple Watch Nike

今年は珍しく木曜日(日本時間)の発表イベントで、当日からApple Watchの予約受付が始まりました。
翌日9日(金)からは、iPhoneとAirPods Proの予約受付も始まっています。
明後日の13日(火)には、iOS 16とwatchOS 9もリリースされます。
16日(金)には、一部を除いてiPhoneとApple Watchが発売になります。
Appleファンには濃密な9日間となっています。

今後のスケジュールを整理しておきます。

  • 9月
    • 13日(火)iOS 16とwatchOS 9公開
    • 16日(金)iPhone 14/14 Pro/14 Pro Max、Apple Watch Series 8/SE(第2世代)発売
    • 23日(金)Apple Watch Ultra、AirPods Pro(第2世代)発売
  • 10月
    • 7日(金)iPhone 14 Plus発売
    • (日付未定)iPadOS 16、macOS Ventura公開

私はiPhone 14 ProとApple Watch Ultra、AirPods Proを購入しました。
届いたものから、この編集後記で取り上げる予定です。

Apple Watch Nikeのこと

Apple Watch Nike

今回のApple Watch Series 8で、密かにApple Watch Nikeモデルが廃止になっていました。
あれっ、イベントの中でApple Watch Nikeのことに触れていたよね? と思われるかもしれません。
私も廃止になっているとは思いませんでした。

Apple Watch Nike

でも改めて発表を見てみると、

  • NikeスポーツバンドとNikeスポーツループの新作が登場
  • watchOS 9では、Nike文字盤がどのApple Watchでも利用可能になる

としか言及していません。

Apple Watch Nike

Apple Watchのモデルのひとつだった、「Apple Watch Nike」は無くなったのです。
どうして無くしたのかというと、アスリート向けモデルのApple Watch Ultraの登場が理由でしょう。

Apple Watch Nike

Apple WatchのNikeコラボモデルは、当初は「Apple Watch Nike+」として、2016年のSeries 2で初めて登場しました。
はじめはバイカラーで穴あきデザインが特徴の、Nikeスポーツバンドのみでした。
Nikeスポーツループは、2017年のSeries 3で登場し、はじめは単品販売されず、本体とのセットでしか手に入りませんでした。

Nikeモデルの名称は、Series 5からは「プラス」が取れて、「Apple Watch Nike」になっていました。
通常モデルから2週間遅れで発売されるのが恒例でしたが、Series 6からは同時発売となりました。

Apple Watch Nike

Nikeモデルは、通常モデルのアルミニウムケースと同じ価格で、専用の文字盤を使えました。
ほかの文字盤もすべて使えるので、Nikeモデルにするデメリットはありませんでした。
私もなるべくNikeモデルを選んできて、Series 2、3、6、7を所有しています。
Nikeバンドもたくさん買いました。

Apple Watch Nikeバンド

2006年にiPod nanoで始まった、AppleとNikeのコラボレーションは、終わったわけではありません。
Apple公式サイトに「Apple Watch Nike」のページは残っていて、Nike文字盤の機能や、Nikeバンドが紹介されています。
裏面にロゴマークが刻印された、Apple WatchのNikeモデルは無くなっちゃたけど、これからはどのApple Watchでも「Apple Watch Nike」仕様にできるというわけです。

公式サイト:Apple Watch Nike – Apple

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO