【豆知識】新しいiPhoneやiPadを買ったら、データ移行に必要な容量のiCloudストレージを、一時的に無料で使わせてもらえる

iCloudを使ってデータを移行するイメージ

新しく買ったiPhoneやiPadに、いままで使っていた端末からデータを移す方法のひとつに、iCloudに保存したバックアップからの復元があります。

iCloudへのバックアップ

でも普段iCloudへのバックアップを利用していないと、契約しているiCloud+のストレージ容量が小さくて、データをバックアップするには足りない場合があります。

iCloudにバックアップできない図

Appleは新しいデバイスを買ったひとのデータ移行を助けるために、バックアップに必要なiCloudの容量を、一時的に無料で使わせてくれるサービスを提供しています。
以下にiPhoneでの手順を紹介します。

バックアップを始める手順

このサービスを利用するには、iPhoneがiOS 15以降にアップデートされている必要があります。

新しいiPhoneのための準備をしましょう

▲ 新しいiPhoneの購入がApple IDと紐付けられていれば、これまでのiPhoneの設定画面に
「新しいiPhoneのための準備をしましょう」
というアナウンスが登場します。
「さあ、始めよう」をタップすると、データ移行のための準備に入ります。

新しいiPhoneへの準備

▲ この案内が表示されてない場合は、
設定 > 一般 > 転送またはiPhoneをリセット
の中に、「新しいiPhoneの準備」があるので、「開始」をタップします。

Appとデータを移行するための追加のiCloudストレージ

▲ あとは画面の指示に従って操作するだけで、iPhoneのデータをiCloudにバックアップできます。
新しいiPhoneを手に入れたら、起動して画面の指示に従っていけば、iCloudにバックアップしたデータからの復元ができます。
Apple公式の解説動画も参照してください。

iCloudを使って新しいiPhoneにデータを転送する方法 | Apple サポート

この一時的なバックアップを保存しておける期間は、21日間(3週間)です。
注文したiPhoneがまだ届いていなかったり、なかなか移行作業ができない場合は、保存期間を延長してもらえます。
設定画面で「バックアップの期限を延長」をタップするだけで、さらに21日間(3週間)保存期間をのばせます。
もっと延長したい場合は、サポートに問い合わせるようアナウンスされています。

補足

  • この機能は2021年9月に、iOS 15/iPadOS 15で追加されたものです。
  • デバイスの急な故障や紛失に備えて、普段からiCloudやMac/PCにバックアップをしておくことをおすすめします。
  • iCloudストレージへのバックアップと復元は、インターネットを経由するために時間がかかります。Mac/PCのバックアップから復元するか、2台の端末を手元に置いて、直接データを移す方法の方が早く済みます。

公式サポート情報

関連する豆知識

iPhoneのデータ移行

【豆知識】iPhone買い替え時のデータ移行が簡単に。2台のiPhone間で直接データを転送する方法

2019年9月19日

iPhone買い替え時のデータ移行が簡単に。2台のiPhone間で直接データを転送する方法

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO