【豆知識】Apple Watch Ultraは身につけたままシャワーを浴びても問題なし。石けんの付着には注意

水に濡れたApple Watch Ultra

Apple Watch Ultraは身につけたままシャワーを浴びることができます。

水に濡れたApple Watch

Apple Watchはどのモデルも、耐水性能を備えています。
身につけたまま汗をかく運動をしたり、手を洗ったりしても問題ありません。
耐水性能はApple Watchのモデルにより異なります。

Apple Watch Ultraはシャワー対応。石けんには注意

水に濡れたApple Watch Ultra

Apple Watch Ultraは、ほかのモデルよりも高い耐水性能を備えています。
水深40メートルまでのスキューバダイビングや、強い水圧を伴うウォータースポーツにも耐えられます。
Appleは公式サポート情報「Apple Watch の耐水性能について」で、Apple Watch Ultraに関しては『シャワーの際に着用していても大丈夫』と案内しています。

Apple Watchの耐水性能は、使い方によっては衰えてきます。
「シャワーや入浴などで、石けんまたは石けん水をApple Watch Ultraに付着させること」は、耐水性能が損なわれる可能性があるとして推奨されていません。

補足

  • Apple Watchの第1世代とSeries 1は、スイミング、シャワー、入浴時には使えません
  • 革製や金属製のバンドは、耐水性能はありません
  • Apple Watchの「防水ロック」機能を解除す流に、中に入った水を排出するために、スピーカーから音が鳴ります
  • 防水ロックの解除方法はwatchOS 9で、Digital Crownの長押しに変わりました

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店キットカット – kitcut plus ・オンラインストア

LINEMO