【ニュース】Appleの開発者向けイベント「WWDC 2023」日本時間6月6日からオンラインと対面で開催。学生対象コンテストSwift Student Challengeも応募受付開始

Apple WWDC23

Appleが開発者向けイベント「WWDC」(世界開発者会議)を、現地時間6月5日(月)・日本時間6日(火)から開催すると発表しています。

WWDC23

例年6月に米国で開催されているイベントです。
2020年からはオンラインで開催されています。
日本時間6月10日(土)までの1週間にわたり催され、開発者は無料で参加できます。

Apple Parkでのスペシャルイベント

初日には「Apple Parkでのスペシャルイベント」が実施されます。
選ばれた学生と開発者が対面形式のイベントに参加できます。
現在参加リクエストの受付中です。

申込ページ:Apple Parkでのスペシャルイベント – WWDC23 – Apple Developer

Swift Student Challenge

学生を対象としたコーディング技術を競うコンテスト「Swift Student Challenge」も開催されます。
今回はSwift Playgroundsのほか、Xcode 14も使用できます。

Appプレイグラウンドで、3分以内で内容を体験できるシーンを応募します。
受賞者にはWWDC23の限定アウターウェアと、AirPods Pro、特注ピンのセット、Apple Developer Programの1年間のメンバーシップが贈られます。
応募締め切りは、日本時間の4月20日(木)15時59分です。
Developer Program登録が必要で、応募できるのは英語コンテンツのみです。

詳細・応募方法:Swift Student Challenge – WWDC23 – Apple Developer

ニュース解説

iOSやmacOSなどの新バージョンが発表さるのが恒例となっているイベントです。
今年は「最新のiOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの進化について紹介」すると予告されています。
ソフトウェアの正式リリースは秋以降です。
ハードウェアの新製品が発表されることもあります。
基調講演などは、有料のDeveloper Program登録をしていない一般ユーザーも見られます。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

LINEMO