「Final Cut Pro」Mac用バージョン10.8と、iPad用バージョン2.0公開。iPhone/iPad用「Final Cut Camera」アプリも登場

Mac用Final Cut Proのアイコン

Appleが動画編集アプリ「Final Cut Pro」の、Mac用とiPad用の新バージョンを公開しています。

Final Cut Pro

Mac用は新バージョン10.8で、AppleシリコンのNeural Engineを使用したAI機能などが追加されています。
詳しいアップデート内容は以下のとおりです。

Final Cut Pro 10.8には、以下の機能強化とバグ修正が含まれています:

  • 機械学習による新しいライトとカラーの補正エフェクトを使用して、ビデオや静止画像のカラー、カラーバランス、コントラスト、およびブライトネスを自動的に向上させます。
  • Appleシリコンを搭載したMacの機種で「スローモーションをスムージング」を有効にすると、AIにより強化されたアルゴリズムを使ってすばらしいスローモーション映像を作成できます。
  • インスペクタで色補正とビデオエフェクトの名前を変更して整理することができます。
  • エフェクトをインスペクタからタイムラインまたはビューア内のほかのクリップに直接ドラッグできます。
  • タイムラインインデックスで新しいフィルタを使用すると、オーディオエフェクト、ビデオエフェクト、リタイミングの変更、見つからないメディア、または見つからないエフェクトがあるクリップを素早く特定できます。
  • リール、シーン、カメラアングル、カメラ名、カスタムメタデータ、またはエフェクト名でタイムラインインデックスを検索できます。
  • 新しい「次で始まる」と「次で終わる」検索条件を使用して、ブラウザでクリップを検索できます。
  • 逆再生中のタイムラインのスクロール動作が改善されました。
Final Cut Pro

iPad用は新バージョン2.0で、M4チップを搭載したiPad Proで最大2倍高速なレンダリングが可能になっています。
iPhone/iPadを最大4台接続して、ライブマルチカムとして撮影できる「Final Cut Camera」アプリも配信開始されています。
詳しいアップデート内容は以下のとおりです。

iPad用Final Cut Pro 2.0には以下の新機能と機能向上が含まれます:

  • iPadまたはiPhoneのFinal Cut Cameraに接続し、ライブマルチカムを使用して同時に最大4つのアングルを録画できます。
  • 接続した外部ストレージデバイス上でプロジェクトを簡単に作成および編集できます。
  • プロカメラモードでシャッター速度とISOのコントロールを使って、露出を調整できます。
  • フォーカスピーキングを有効にすると、録画中の映像が鮮明になります。
  • 12の新しいカラーグレーディングプリセット、6つのダイナミックグリッチ背景、20のサウンドトラック、8つの基本テキストタイトルなどを使って、ビデオを洗練させましょう。

Mac用Final Cut Proは、45,000円の買い切りです。
iPad用Final Cut Proは、月額700円または年間7,000円のサブスクリプション制です。

ニュースリリース:New versions of Final Cut Pro for iPad and Mac available today – Apple

公式サイト

ニュース解説

5月に「今春後半に登場」と予告されていたアップデートが配信開始されました。
iPhone/iPadをライブマルチカムとして使える機能「Final Cut Camera」は、iPad版だけの機能で、Mac版にはありません。
カメラとして使えるデバイスは、iPhone XS以降と、iPadOS 17.4以降を搭載したiPadです。
現在のバージョンはiPadには最適化されていません。

LINEMO