iPhone 4Sのケース制作者向け寸法図面PDF公開、iPhone 4とのスイッチ位置のズレは2.4ミリ

iPhone 4S Dimensions

アップルが開発者向けに公開しているコンテンツApple Developerで、iPhone 4Sの寸法図が新たに掲載されています。
ケース等の設計に利用できます。
Designing Cases for iPod, iPhone, and iPad – Apple Developer

旧モデルの図面と照らし合わせると、iPhone 4Sは、iPhone 4のCDMA版と同形状であることがわかります。
図面上は、数値が0.01ミリ異なる箇所があります。
ただしCDMA版iPhone 4にはSIMカードスロットがなく、iPhone 4SのSIMカードスロットは、GSM版iPhone 4と同じ位置です。

ソフトバンクから発売されていたGSM版iPhone 4と、新しいiPhone 4Sでは、消音スイッチの位置が2.4ミリ異なることが、図面で確認できます。

関連記事

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください