【編集後記】レビュー記事用の写真撮影に使っている、意外な小道具

撮影用の小道具

レビュー記事用の写真撮影時には、こんな小道具を使っています。
「何に使うの?」というモノもあると思うので、いくつか紹介します。

撮影用の小道具

▲ まずは洗濯バサミ。
このようにiPhoneなどを挟んで、立てるのに使います。
ふたつ使って両側から挟むと、より安定します。
側面が丸まって、立てられなくなったiPhone 6以降は、とくに活躍しています。

撮影用の小道具

▲ 立てたiPhoneを横から狙って、このような構図で撮影できます。

撮影用の小道具

▲ 次に紹介するのは、新品の電源コードやUSBケーブルなどを縛っているアレ。
針金の芯材が入った、自在に曲がるヒモみたいなやつです。
なんていう名前なんだろう。

撮影用の小道具

▲ 鎌首を持ち上げたヘビのような形にして、クリアケースを浮いた状態に保ちます。

撮影用の小道具

▲ こんな写真が撮影できます。
ここではあえてアレを残していますが、Photoshopで消すのも簡単です。

撮影用の小道具

▲ コードをまとめる、アレ本来の使い方もします。

撮影用の小道具

▲ 長いコードをまとめて裏に隠せば、すっきりした絵になります。

撮影用の小道具

▲ 最後に怪獣消しゴム。
これは以前も、編集後記で紹介したことがあります。

撮影用の小道具

▲ iPhoneなどを、斜めに支えるのに使います。
ゴムなので滑りにくく、大きさもちょうどいいのです。

撮影用の小道具

▲ ベタッと平らに置くよりも、このように傾斜をつけた方が、見栄えがよくなります。

撮影用の小道具

▲ 手帳型ケースなどに挟んで、カバーを浮かせるのにも使います。

撮影用の小道具

▲ このような小道具・小技を駆使して、撮影をしています。

きれいに撮るためには、撮影ボックス(私が使っているのは、KOKUYO キレイに撮り隊 デジカメスタジオL DG-B2)や照明(楽天で買ったA01ABを2本使用)なども必須です。

関連する編集後記

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS