【編集後記】新型iPad Pro 11インチモデルを買いました

11インチiPad Pro

新しいiPad Proの11インチモデルを買いました。
いままでのiPad Proも、特に不満もなく愛用していたのですが、新しいのは手にした瞬間から気に入ってしまいました。
これはかなりイイ!
気に入った点をあげてみます。

iPhone Xシリーズと統一された操作性

iPad Pro

iPhone Xに慣れてからホームボタンのあるiPadを使うと、操作方法の違いに戸惑うことがありました。
新型はホームボタン廃止・Face ID搭載の「iPhone X型」になったことで、iPhone Xシリーズと操作性が統一され、迷わず扱えるようになりました。
Face IDの認識もかなり早く、横向きでも使えて快適です。

Apple Pencilが横にくっつく

iPad Pro

iPad Proの相棒とも言えるApple Pencilが、本体と一体化するようになりました。
これまでは別に持ち運ぶ必要があり、iPadに引っ掛けられるバンド型の収納ケースなどが、サードパーティからリリースされていました。
iPad ProとApple Pencilの両方を収納できる純正「レザースリーブ」が出てからは、私はそれを愛用していました。

新型iPad Pro用に進化したApple Pencil(第2世代)は、iPad Proの横にマグネットで吸着します。
思った以上にマグネットが強力で、いつも一緒にして持ち運べます。
必要なときに、すぐさまApple Pencilを使いはじめられます。

横にくっつけておくだけで、Apple Pencilが充電されるのも、とても便利です。
これまではちょっと面倒だった充電が、まったく意識する必要がなくなりました。
いつも合体させているので、Apple Pencilの電池残量は常に100%です。
「Apple Pencilどこだっけ」「使おうと思っら電池切れ」ということが無くなりました。

Apple Pencilの質感

Apple Pencil 第2世代

これまで光沢仕上げだったのが、陶器のようなマットな質感に変わりました。
旧型の第1世代も格好良かったけれど、よりシンプルに、美しく研ぎ澄まされた印象です。
iPad Proに吸着させるために一面が平らになったのは、それほど気になりませんでした。
刻印サービスに対応したのもいいですね。
アクセサリが刻印に対応するのは、iPad用のポリウレタン製Smart Case以来です。

Apple Pencilのダブルタップ機能は、Appleの映像のように人差し指で行うのは、私はちょっと難しかったです。
親指でトントンする方がやりやすいです。
次のモデルでは、より直感的に使える「ペンの頭が消しゴム」をぜひ採用してほしいです。

【豆知識】Apple Pencil(第2世代)をダブルタップしたときの動作を設定変更する

2018.11.11

関連記事:【豆知識】Apple Pencil(第2世代)をダブルタップしたときの動作を設定変更する

Smart Keyboard Folio

iPad Pro

Smart Cover が背面も保護する「Smart Folio」に変わったように、Smart Keyboardも「Smart Keyboard Folio」に進化しました。
構造が変更され、タイピングモードに立てるのが、より簡単になりました。
角度も2種類から選べるようになっています。
Face IDとの相性もよく、お気に入りです。

いまのところ思いつくのは、こんなところでしょうか。
USB-Cの採用も大きな変更点ではありますが、私の使い方では、まだメリットを感じていません。
USB-C端子のない旧型Macをお使いの方は、接続のためにUSB-C to USB-Aケーブルが必要なのでご注意ください。
以上、この文章はすべて新型iPad ProとSmart Keyboard Folioで入力しました。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS