【豆知識】磁石を使ったiPhoneケースやアクセサリは、カメラの手ブレ補正やオートフォーカスに影響する可能性がある

iPhoneの背面カメラレンズ

手帳型などのiPhoneケースの中には、磁石を内蔵したものがあります。
磁石の強さや位置によっては、iPhoneのカメラ性能に影響をおよぼす場合があります。
Apple公式のサポート情報「磁気を帯びたアクセサリが iPhone カメラに干渉する場合があります」で、その理由と影響範囲が解説されています。

影響がある機能は、光学式手ぶれ補正と、クローズドループ方式のオートフォーカスです。

光学式手ぶれ補正(OIS)

  • PlusサイズのiPhoneと、iPhone Xシリーズで採用
  • ジャイロスコープがカメラの動きを感知し、手ブレを補正するためにレンズを動かす機能

クローズドループ AF

  • iPhone XS、XS Max、XRで採用
  • 重力や振動の影響を受けずに、写真、ビデオ、パノラマ撮影でピントを合わせる機能
  • 加速度センサーが、重力や振動による影響を測定して補正
iPhoneの背面カメラレンズ

レンズの位置や動きを認識するセンサーは、磁場に反応します。
センサーに磁石を近づけると、一時的にセンサーが無効になる場合があるとされています。

カメラ性能を最大限に活かすためには、磁石や磁気を帯びる金属板が、背面カメラの近くにあるケースは使わないように推奨されています。
磁石を使うケースは、手帳型ケースや、自動車用マウント機能付きケースなどが挙げられています。

公式サポート情報

磁気を帯びたアクセサリが iPhone カメラに干渉する場合があります – Apple サポート

関連する豆知識

【豆知識】パノラマ撮影は2度目のシャッターボタンを押さなくても、iPhone/iPadを逆向きに動かせば止められる

2018.04.14

パノラマ撮影は2度目のシャッターボタンを押さなくても、iPhone/iPadを逆向きに動かせば止められる

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~