【アップデート】Apple公式「WWDC」アプリの新バージョン7.3公開。アプリのアイコンが変更され、色を選択可能に。iMessageステッカーもリニューアル

WWDC

AppleがiOSアプリケーション「WWDC」の新バージョンを公開しています。
米国で開催される、Appleによる開発者向けイベント「WWDC」の専用アプリケーションです。
セッションのビデオを見たり、スケジュールをチェックできます。

WWDC

新バージョン7.3で、アカウント設定画面が追加されています。
通知を管理したり、ラボの列に並ぶためのQRコードを表示できます。

WWDC

アプリケーションのアイコンも刷新されています。
アカウント画面から、アイコンの色を8色から選択できるようになっています。

WWDC

また内蔵されているiMessageステッカーも刷新されています。

アプリケーションは無料でダウンロード・利用できます。


WWDC – Apple

ニュース解説

今年のWWDCは来月の3日から開催されます。
基調講演は、日本時間の6月4日(火)午前2時から中継されます。

WWDC 2019

【ニュース】Appleの開発者向けイベント「WWDC 2019」6月3日から開催

2019年3月15日

関連記事:【ニュース】Appleの開発者向けイベント「WWDC 2019」6月3日から開催

今年のWWDCの、ネオンサイン風のビジュアルイメージに合わせて、アプリのアイコンやiMessageステッカーがリニューアルしています。
アプリのアイコンの変更機能が、Apple公式アプリに採用されるのは、今回が初めてです。

WWDC

WWDC参加者に配布されたピンズをイメージした、従来のステッカー(上の画像)は無くなってしまいました。
ステッカーの数も、22種類から14種類に減っています。

【豆知識】Appleの「WWDC」アプリを入れると、専用のiMessageステッカーが使える

2018年6月9日

関連記事:【豆知識】Appleの「WWDC」アプリを入れると、専用のiMessageステッカーが使える

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~