【豆知識】「メモ」アプリのインラインスケッチで、描けるスペースを広げる方法

メモアプリのスケッチ

iOSの「メモ」アプリは、手書きのイラストやメモを描けるスケッチ機能があります。
テキストと同じ領域にスケッチを描く「インラインスケッチ」は、二本指で画面をドラッグすることで、縦に長く書き続けられます。
しかし使い方によっては、描画エリアが固定される場合があります。
以下の方法で、描けるスペースを広げられます。

上に広げる

テキストの下にインラインスケッチを描いた場合は、上に描画エリアを広げることができます。

スケッチ

黄色い枠線をドラッグすると、上に広げられます。
逆に縮めることもできます。

メモの冒頭からインラインスケッチを描いた場合は、上に広げることはできません。

下に広げる

インラインスケッチの下にテキストを入力したり、「スケッチを追加」をすると、描画エリアがそこで固定されてしまいます。
ここでも黄色い枠線をドラッグすることで、描画エリアを下に伸ばすことができます。

スケッチ

「スケッチを追加」で加えた描画エリアは、メモに直接書く「インラインスケッチ」とは機能が異なります。
追加したスケッチは、描画エリアを拡大できません。

(情報はiOS 12.3時点のものです)

公式サポート情報

関連する豆知識

【豆知識】「メモ」で素早く新規スケッチを作成する・スケッチをブラウズする(2本指スワイプ)

2016年4月23日

「メモ」で素早く新規スケッチを作成する・スケッチをブラウズする(2本指スワイプ)

iPad Proのインスタントメモ

【豆知識】ロック画面から素早くメモをとれる「インスタントメモ」機能。新型iPad Pro(11インチ・第3世代12.9インチ)なら、スリープした画面にApple Pencilを当てるだけ

2018年11月25日

ロック画面から素早くメモをとれる「インスタントメモ」機能。新型iPad Pro(11インチ・第3世代12.9インチ)なら、スリープした画面にApple Pencilを当てるだけ

【豆知識】iPhone/iPadの「メモ」アプリで書類をスキャンする

2018年3月17日

iPhone/iPadの「メモ」アプリで書類をスキャンする

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~