【ニュース】Apple Watch用「watchOS 5.3」ソフトウェア・アップデート公開。「トランシーバー」のセキュリティ修正ほか

watchOS 5.3

Apple Watch用の「watchOS 5.3」ソフトウェア・アップデートが公開されています。
watchOS 5.2.1からの変更点は以下(リリースノートから引用)。

このアップデートには、以下の新機能、改善、およびバグ修正が含まれています。このアップデートはすべてのユーザーに推奨されます:

  • “トランシーバー” Appの修正を含む重要なセキュリティアップデートが提供されます
  • Apple Watch Series 4の“心電図” Appが、カナダおよびシンガポールで利用可能になりました
  • 不規則な心拍の通知が、カナダおよびシンガポールで利用可能になりました

国や地域によっては、一部の機能を利用できない場合があります。詳しくは、こちらを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

watchOS 5対応モデル

watchOS 5は、Apple Watch Series 1以降が必要です。
第1世代Apple Watchには対応していません。

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 5へのアップデートには、iOS 12のiPhoneが必要です。

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

公式サポート情報:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

「トランシーバー」はApple Watch同士で、離れた場所にいる相手と簡単に通話できるアプリです。
セキュリティとプライバシーの問題が見つかったとのことで、サービスが停止されていました。

参考:盗聴の恐れありでApple Watchのトランシーバー機能を一時停止へ | TechCrunch Japan

iPhone/iPad/iPod touch用のiOS 12.4も同時公開されています。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~