【レビュー】Powerbeats Pro − Totally Wirelessイヤフォン

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

Beatsの「Powerbeats Pro – Totally Wirelessイヤフォン」をレビューします。
耳掛け式の完全ワイヤレスイヤホンです。
第2世代AirPodsと同じApple H1チップを搭載し、iPhoneなどと簡単にペアリングできるほか、Hey Siriに対応しています。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ Beatsの「Powerbeats」は、スポーツ向けの耳掛け式イヤホンのシリーズです。
これまで以下のモデルがリリースされてきました。

  • Powerbeats(有線イヤホン)
  • Powerbeats2(有線イヤホン)
  • Powerbeats2 Wireless(Bluetooth)
  • Powerbeats3 Wireless(Bluetooth)

この「Powerbeats Pro」で第4世代目に当たります。
「Powerbeats3」はAirPods(第1世代)と同じ、Apple W1チップを搭載していました。
今度の「Powerbeats Pro」には、AirPods(第2世代)と同じApple H1チップが採用されています。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 以下のものがセットになっています。

  • イヤホン本体(左右)
  • 充電ケース
  • シリコーン製イヤーチップ(計4サイズ)
  • Lightningケーブル
Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ AirPodsと同じように、充電ケースに入れて管理します。
Powerbeats Proは4色のカラーバリエーションですが、充電ケースはブラックで統一されています。
耳掛け式フックのある構造のため、AirPodsと比べると、充電ケースは大きめです。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ これまでのBeats製イヤホンの収納ケースと比べて、極端に大きいわけではありません。
写真はPowerbeats Proのケースから時計回りに、Powerbeats3 Wireless、BeatsX、Powerbeats2 Wirelessのケースです。
(現行のBeatsXにはケースは付属していません)

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ JaybirdブランドのBluetoothイヤホンのケースと比べても、だいたい同じ大きさです。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 充電ケースは、やはりAirPodsと同様にLightningケーブルで充電します。
iMac Proなどに付属しているのと同じ、黒いケーブルが同梱されています。
電源アダプタは付属していません。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 充電ケースのフタはマグネット開閉式です。
大きさと形状のために、片手では開けられません。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ イヤホン本体も、マグネットで充電端子にぴったり吸着します。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ ケースの内側には、「システムボタン」を搭載しています。
AiPods充電ケースの背面にある「設定ボタン」と同じ働きをするものです。
iPod nanoや、Apple製以外のデバイスとペアリングするとき、設定のリセットなどに使います。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ iPhoneなどの近くでフタをひらけば、画面にポップアップ表示が出て、簡単にペアリングできます。
AirPodsやPowerbeats3などに採用されていた、Apple W1チップから搭載されている機能です。
同じiCloudアカウントでログインしている他のデバイスに、同期先を切り替えるのも簡単です。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ イヤーフックは自分の耳に合わせて微調整ができます。
上側面には音量調節ボタン、横には音楽の操作などができる「b」ロゴボタンがあります。
ボタンは左右のユニット両方に搭載されています。
AirPodsと同じように、片耳だけでも使えます。
左右どちらか片耳だけでも、リモコン操作や通話は問題なく動作します。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 実際に音楽を聴いてみます。
バランスがよく厚みのある音質です。
きらびやかな印象を受けるAirPodsとは傾向が違い、どちらが良いかは好みによるでしょう。
音量調節や音楽操作ができるボタンがあるのは、Siri頼みのAirPodsより便利です。
AirPodsのように耳から落ちる心配がないのも、安心感があります。
Apple Musicでは、Powerbeats ProのCMに出演しているボルダリング選手・野中生萌さんらによるプレイリストが公開されています。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 2段に重なったタイプを含めて、4種類のイヤーチップが付属しています。
ひととおり試して、自分にフィットするのを見極めるのをおすすめします。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ Powerbeatsシリーズで誤解されがちなのですが、これはカナル型(耳栓型)イヤホンではありません。
シリコン製キャップがありますが、耳道に差し込んで、耳栓のように塞ぐのは難しいです。
BOSEで「インイヤー型」と呼んでいるタイプに似ています。
そのためカナル型のような、騒音に対する遮音性はありません。
屋外のランニングなどで、車の音に気付けて安全とも言えます。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 電車や飛行機内で使ってみたところ、やはりカナル型ほどの遮音性はありません。
しかしAirPodsと比べると、はるかに聴きやすいです。
私はPowerbeats Proを装着してから、背中側にねじるように回すと、耳穴よりフィットし、遮音性が増します。
耳道を塞ぐような遮音性を求めるなら、カナル型のBeatsXがおすすめです。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ 「耐汗・防沫性を強化したデザイン」とされていますが、具体的な防水性能は明かされていません。
いちど雨天でのランニングにも使ってみましたが、影響ありませんでした。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ バッテリー残量は、iOSデバイスのウィジェットで確認できます。
Apple W1チップ、H1チップを搭載したヘッドホン・イヤホンなら、専用のアイコンで表されます。

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

▲ Powerbeats Proは、補聴器のように使えるライブリスニング機能を搭載しています。
ライブリスニング機能に対応しているのは、AirPodsと「Made for iPhone」認定補聴器以外では、このPowerbeats Proだけです(2019年9月現在)。

Powerbeats Proのライブリスニング機能

【豆知識】Powerbeats Proは補聴器のように使えるライブリスニング機能に対応。iPhoneのマイクで拾った音声を、Powerbeats Proで聴ける

2019年7月21日

関連記事:【豆知識】Powerbeats Proは補聴器のように使えるライブリスニング機能に対応。iPhoneのマイクで拾った音声を、Powerbeats Proで聴ける

まとめ

Powerbeats Pro - Totally Wirelessイヤフォン

AirPodsに続く、Apple製チップを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。
他社製の完全ワイヤレスよりも接続は安定しており、ストレスなく音楽を楽しめます。
難しい手順を踏まなくても、片方だけで使えます。
iPhoneとの親和性が高く、AirPodsのようにパーフェクトに動作してくれます。
耳掛け式で外れる心配がないのと、リモコンボタンを搭載している点で、AirPodsの欠点もカバーしています。
ランニングやワークアウト時に使うイヤホンをお探しなら、特におすすめです。

「Powerbeats Pro – Totally Wirelessイヤフォン」は、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税別24,800円です。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~