【ニュース】Appleの開発者向けイベント「WWDC」2020年はオンラインで6月に開催

WWDC 2020

米Appleの開発者向けイベント「WWDC」が、2020年は新しい「オンライン形式」で行われると発表されています。

6月に開催予定です。
詳細はDeveloper Program登録者向けのメールや、Apple Developerアプリ、公式サイト上でアナウンスされます。

WWDC 2020

ニュース解説

WWDCは毎年、世界中から大勢の開発者が集まるイベントです。
新型コロナウイルス感染症の世界的な流行をうけて、31年目にしてはじめて、オンラインでの開催となりました。
従来から基調講演やセッションはオンラインで配信されているので、無難な対応と言えるでしょう。

例年、iOSなどの新バージョンがお披露目されるイベントです。
基調講演も実施されると思われますが、日程などは明かされていません。

これまでの物理的なイベントは、抽選に当たった開発者だけが現地で参加でき、参加費も必要でした。
2020年はどのような形式になるかは不明です。

「Apple Developer」アプリは、昨年11月に「WWDC」アプリがリニューアルしたものです。

Apple Developer

【アップデート】Apple公式「WWDC」アプリが、新バージョン8.0で「Apple Developer」としてリニューアル

2019年11月19日

関連記事:【アップデート】Apple公式「WWDC」アプリが、新バージョン8.0で「Apple Developer」としてリニューアル

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~