【レビュー】AirPods(第1/第2世代)用の角型ケース「TILE」

AirPodsケース TILE

株式会社アピロスから発売されている、AirPods(第1/第2世代)用のケース「TILE」をレビューします。
TPU素材を使用した、角型のケースです。
レビューにはメーカー提供の評価用サンプルを使用しています。

AirPodsケース TILE

▲ iPhone用などで展開されている角型ケース「TILE」シリーズの、AirPods版です。
AirPods用は、落ち着きのある「COCKTAIL(カクテル)」3色と、ビビットな「neon(ネオン)」2色の、2シリーズ・計5色のラインナップです。
AirPods Pro用はリリースされていません。

AirPodsケース TILE

▲ 全体がTPU素材の、箱型のケースです。
半透明で角ばった佇まいは、和菓子の「琥珀羹」「錦玉羹」を思わせます。

AirPodsケース TILE

▲ 「COCKTAIL」シリーズ(写真左)と「neon」シリーズ(同右)で、着色方法が異なります。
「COCKTAIL」はクリアのTPUに、色付きのフィルムを貼っています。
グラファイト、グラデーションブルー、グラデーションピンクの3色です。
「neon」はTPUの素材自体に着色し、透明フィルムが貼られています。
ピンクとイエローの2色があります。
どちらのモデルも、フィルムは完全に一体化しており、何か貼ってあるとは思えない仕上がりです。

AirPodsケース TILE

▲ ボトムパーツにAirPods充電ケースを差し込んで、蓋のパーツを被せます。
着脱はしやすいです。

AirPodsケース TILE

▲ 蓋のパーツは、前後を間違わないように注意が必要です。
側面に刻印された、「TILE」のロゴを目印に合わせると簡単です。

AirPodsケース TILE

▲ AirPods充電ケースに装着したところ。
透明感と四角いフォルムが、独創的で目を引きます。

AirPodsケース TILE

▲ 中のAirPods充電ケースが透けて見えます。
充電ケースと触れる内側は、サラサラした梨地仕上げになっています。
充電ケースと密着して、「にじみ」が発生することはありません。

AirPodsケース TILE

▲ クリア素材なので、ワイヤレス充電ケースのLEDランプもそのまま見えます。

AirPodsケース TILE

▲ 底面も平たいので、立てて置くことができ、蓋を開けても倒れません。
角のある形は、指が引っかかりやすく、蓋の開閉がしやすいです。
滑りにくいTPU素材も、手に馴染み扱いやすいです。
シリコーン素材と違ってベタベタせず、ホコリは付着しにくいです。

AirPodsケース TILE

▲ 背面は、蓋の開閉を妨げないように隙間が開けられています。

AirPodsケース TILE

▲ 側面に突き出たストラップホールは、リングを通してカラビナを取り付けたり、ストラップを通したりなど、好きな使い方ができます。
リングやカラビナ、ストラップは付属していません。

AirPodsケース TILE

▲ 底面の充電コネクタ(Lightning端子)部分は、十分な大きさに穴あけされています。

AirPodsケース TILE

▲ 装着したままワイヤレス充電も利用できます。

AirPodsケース TILE

▲ 2色の蓋のパーツを入れ替えて、バイカラーにカスタマイズしてみました。
化粧品のような佇まいになり、これも気に入りました。

まとめ

AirPodsケース TILE

シンプルな箱型ながら、透明感を生かして美しく仕上げられたケースです。
適度な滑りにくさのあるTPU素材なので、扱いやすく、立てて置けるのも便利です。
角があるので、サイズはやや大きくなり、ポケットには入れにくくなります。
平たい面に、シールなどを貼って楽しむこともできそうです。

AirPods用ケース「TILE」は、以下のオンラインショップで購入できます。
「COCKTAIL」シリーズと「neon」シリーズがあります。
価格は税込各2,728円(税別2,480円)です。

COCKTAIL

neon

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~