【レビュー】AirTagレザーキーリング

AirTagレザーキーリング

AirTagレザーキーリング」をレビューします。
Apple純正の、AirTag用のキーホルダー型ケースです。

AirTagレザーキーリング

▲ Appleからは純正のAirTagホルダーとして、以下の3種類がリリースされています。

今回紹介する「レザーキーリング」は金属のリングつきで、キーホルダーとして鍵につけるのに適しています。

AirTagレザーキーリング

▲ 素材は本革で、製品仕様では「ヨーロピアンレザー」とされています。
Apple純正のiPhoneレザーケースにも使われているものです。
バルティックブルー、サドルブラウン、(PRODUCT)REDの、3色のカラーバリエーションです。
ここではバルティックブルーを使用しています。

AirTagレザーキーリング

▲ Apple Watchスポーツバンドのピンのような、ステンレス製のスナップボタンで閉じられています。

AirTagレザーキーリング

▲ AirTagを差し込んで収納します。
表裏は関係なく、好きな向きに入れて構いません。
Appleマークや刻印を見て、傾かないようにまっすぐ入れた方が、見栄えがいいでしょう。
スナップボタンはパチッとしっかり固定されるので、勝手に外れる心配はなさそうです。

AirTagレザーキーリング

▲ AirTagを収納したところ。
高級感あるキーホルダーの佇まいになります。
ステンレス鏡面仕上げのAirTagと、メタリックなリングがマッチしています。

AirTagレザーキーリング

▲ ピンが見えているこちら側が、裏面と思われます。
AirTagの刻印を見せたければ、白い面を表側に入れてもいいでしょう。
AirTagは白い面にスピーカーが入っています。
白い面を外側にした方が、探すときに大きな音が聞こえます。

AirTagレザーキーリング

▲ このスナップボタンは、iPhone 12/12 Proシリーズ用の純正ケース「MagSafe対応レザースリーブ」のストラップのものと、同じスタイルが踏襲されています。

関連記事:【レビュー】MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

AirTagレザーキーリング

▲ 革小物としてのクオリティが非常に高いです。
薄くなめした品質のよい革で、コバ(革の側面)まで丁寧に仕上げられています。
ホルダー部分の下半分だけ、表裏の革を張り合わせて縫製されています。

AirTagレザーキーリング

▲ 薄く平たいリングを使って、鍵などに取り付けられます。
おなじみの「Designed by Apple in California」の文字が刻印されています。
汎用品のリングではなく、この製品のために作ったことが伺えます。

AirTagレザーキーリング

▲ 家の鍵と車の鍵を取り付けてみました。
紛失防止タグは、英語圏では「キーファインダー」とも呼ばれており、AirTagも鍵につける用途が多そうです。
鍵をどこに置いたか忘れても、「探す」アプリで簡単に見つけられます。
HomePodのSiriに呼びかけて、音を鳴らしてもらうこともできます。

AirTagレザーキーリング

▲ カバンのファスナーなどにも、このリングを使って取り付けられます。

AirTagレザーキーリング

▲ リングは取り外せます。
好きなカラビナなどに交換してもいいでしょう。

まとめ

AirTagレザーキーリング

AirTagを鍵やバッグに取り付けられるホルダーです。
美しいデザインに、品質の良い素材が使われています。
革製品としてのクオリティが高く、持ち歩くのが嬉しくなります。
私もこれまで使っていたキーホルダーを、さっそくこれに交換しました。
AirTagの探せる機能性を抜きにしても、アクセサリーとして身につけたくなるような製品です。

「AirTagレザーキーリング」は以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込4,500円です。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~