【豆知識】苦味剤コーティングされた電池は、AirTagでは使えない可能性あり

電池蓋を開けたAirTag

AirTagはCR2032コイン型電池で動作し、自分で交換できます。
電池に苦味剤コーディングが施してある場合は、AirTagでは動作しない可能性があります。

電池蓋を開けたAirTag

市販の電池の中には、子供の誤飲防止のために、苦い味がつけられているものがあります。
Appleは公式サポート情報「AirTag の電池を交換する方法」で、以下のように説明しています。

苦味剤がコーティングしてある CR2032 電池は、コーティングと電池端子との位置関係によっては、AirTag やその他の電池式製品では使えない場合があります。

AirTag自体も子供が誤飲する恐れがあるため、Appleでは子供の手の届かないところでの利用を推奨しています。

公式サポート情報

関連する豆知識

AirTagとiPhone/iPadのイラスト

【豆知識】AirTagを使うのに必要なのは、iOS/iPadOS 14.5以降のiPhone/iPod touch/iPad。正確な場所を見つける機能はiPhone 11/12だけ

2021年4月25日

AirTagを使うのに必要なのは、iOS/iPadOS 14.5以降のiPhone/iPod touch/iPad。正確な場所を見つける機能はiPhone 11/12だけ

iPhoneのSiriとAirTag

【豆知識】Siriに頼んでAirTagを探す。音を鳴らしてもらう

2021年5月2日

Siriに頼んでAirTagを探す。音を鳴らしてもらう

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM