【豆知識】難聴を予防するために、ヘッドフォン/イヤフォンの音量をコントロールセンターで確認する

iPhoneのコントロールセンターとAirPods

大きな音を長時間聞き続けると、聴覚に障害を引き起こす恐れがあります。
ヘッドフォン/イヤフォンの使用による「ヘッドホン難聴」を予防するために、iPhone/iPad/iPod touchのコントロールセンターで、音の大きさを確認できます。

コントロールセンターの設定

▲ 設定 > コントロールセンター の中から「聴覚」を探して、「+」をタップしてコントロールセンターに追加します。
追加した項目はリスト右側の「Ξ」を上下にドラッグして、コントロールセンターの中で並べ替えができます。

コントロールセンターの聴覚のアイコン

▲ ヘッドフォン/イヤフォンで音楽などを再生中にコントロールセンターを開くと、「聴覚」のアイコン上に音量メーターが表示されます。

コントロールセンターの聴覚の項目

▲ 「聴覚」アイコンをタップすると、音量の詳細がデシベル単位で表示されます。

大音量の警告

▲ 音が大きすぎる場合は、警告表示されます。

ライブリスニング

▲ 下にある「ライブリスニング」欄では、ライブリスニング機能をオン/オフにできます。
ライブリスニングは、AirPodsなど対応するヘッドフォン/イヤフォンとデバイスを組み合わせて、補聴器のように使える機能です。

ヘススケアの聴覚の情報

▲ 「ヘルスケア」アプリの「聴覚」欄の確認や、ヘッドフォンの音量制限の利用もおすすめします。

公式サポート情報

関連する豆知識

サウンド認識の通知画面

【豆知識】iPhoneで聞き取った車の音や、赤ちゃんの泣き声、警告音などを通知する、聴覚サポート機能「サウンド認識」

2020年10月4日

iPhoneで聞き取った車の音や、赤ちゃんの泣き声、警告音などを通知する、聴覚サポート機能「サウンド認識」

AirPodsのライブリスニング

【豆知識】AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

2019年2月10日

AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~