【ニュース】iPhone/Macを自分で修理できる「セルフサービス修理」をAppleが発表。2022年に米国から開始

セルフサービス修理のイメージイラスト

Appleが「Self Service Repair(セルフサービス修理)」を発表しています。
iPhoneやMacを、純正部品を使って自分で修理できるようになります。

プレスリリース:Apple announces Self Service Repair – Apple

2022年初頭に、米国で開始されます。
同年中に他の国へも拡大予定です。
最初はiPhone 12とiPhone 13シリーズを対象に提供されます。
M1チップを搭載したMacも、追って対象になる予定です。

セルフサービス修理のイメージイラスト

公式サイトに開設される「Apple Self Service Repair Online Store」で、部品とツールを購入します。
修理マニュアルも提供されます。
200種類以上のパーツとツールで、iPhone 12/13の一般的な修理ができます。
使用済みの部品をリサイクルのために返却すると、クレジットが付与されます。

電子部品の修理の知識と経験がある技術者が対象とされています。

ニュース解説

日本でもサービスが提供されるかは不明です。
iPhoneやMacは、「電波法の適用を受ける無線設備」です。
日本ではメーカーや「登録修理業者」以外が修理・改造をすると、電波法違反になる可能性があります。
サービス開始には、法的な問題をクリアする必要があるかもしれません。

またこのサービスは「慣れているひと」が対象です。
作業に不安のある方は、いままでどおりサポートや修理業者を頼るのがいいでしょう。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM