【豆知識】Apple Watchの防水ロック機能を利用して、画面の誤操作を防ぐ

Apple Watchの防水ロック

Apple Watchが水に濡れた際の誤作動を防止する「防水ロック」機能は、ふだんの誤操作の防止にも利用できます。

防水ロックとは?

Apple Watchは最大50mの耐水性能を備えているので、水泳時にも使うことができます。
(耐水性能はモデルにより異なります。第1世代とSeries 1は、水に浸すことは推奨されていません)

Apple Watch

画面が水に濡れると、指が触れたと認識されて、タッチスクリーンが誤作動することがあります。
「防水ロック」は、この誤作動を防ぐための機能です。
防水ロックをしている最中は、画面操作ができなくなります。

防水ロックの設定/解除の仕方

Apple Watchのコントロールセンター

防水ロックを設定するには、文字盤を上にスワイプして、コントロールセンターを表示します。
コントロールセンターにある、水滴のアイコンが「防水ロック」ボタンです。
タップすると防水ロックがかかり、画面操作ができなくなります。

防水ロックの解除

防水ロックを解除するには、Digital Crownを回します。
Apple Watchの側面の穴から水を排出するために、プープープーという音が鳴ります。

Apple Watchのワークアウトの画面

防水ロックは「ワークアウト」アプリからも設定できます。
ワークアウトの画面を右にスワイプすると、防水ロックのボタンがあります。
コントロールセンターから設定した場合と違い、ワークアウト画面でロックされます。
運動中に誤って画面に触ったり、汗や水で濡れたりしても、ワークアウトが停止するのを防げます。

公式サポート情報

関連する豆知識

【豆知識】Apple Watchのスピーカーを鳴らして、内部に侵入した水を排出する(防水ロック機能)

2018年1月20日

Apple Watchのスピーカーを鳴らして、内部に侵入した水を排出する(防水ロック機能)

Apple Watchとピン

【豆知識】Apple Watchの横の穴は、リセット用ではありません。先の尖ったものを刺さないでください

2020年8月16日

Apple Watchの横の穴は、リセット用ではありません。先の尖ったものを刺さないでください

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen