【レビュー】AirPods Max用キャリングケース Spigen Klasden

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

Spigenから発売されている「Klasden(クラスデン)AirPods Max用キャリングケース」をレビューします。
AirPods Maxを安全に持ち運べる、シェル型の収納ケースです。
レビューにはメーカー提供の評価用サンプルを使用しています。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ AirPods Maxに付属するケース「Smart Case」(写真右)は、イヤーカップ部分を覆うものです。
一般的なヘッドフォンに付属するような、全体を包んで保護するものではありません。
この「Spigen Klasden」(同左)は、AirPods Maxのヘッドバンド部分も含めて、まるごと収納できる製品です。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ 卵やおにぎりのようなフォルムが特徴です。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ 裏面は平らになっていて、置いたときに安定します。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ 表面の素材は、グレーのファブリック素材です。
革製のハンドルが、金属製のボタンパーツで留められています。
全体的に質感がいいです。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ ファスナーは両開きで、紐付きで開閉しやすいです。
止水ファスナーではないと思いますが、二重にぴったり閉じる構造で、雨にも強そうです。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ 中身は片面だけ、AirPods Maxが収まる形に成形されています。
中央にはケーブルなどを収納できるスペースがあります。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ AirPods MaxをSmart Caseにいれたまま、まるごと入れられます。
伸縮アームを少し伸ばしていた方が、収納しやすいです。
シェル型のハードケースなので、衝撃や圧迫から保護しながら、AirPods Maxを持ち運べます。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ Smart Caseから出した状態でも入ります。
伸縮アームを伸ばし切った状態でも入るので、音楽を聴くときには、すばやく装着できます。
ただしスペースにゆとりができて、AirPods Maxが中でガタガタ動きます。
AirPods Maxを超低電力モードにする仕掛けもないので、Smart Caseの併用がおすすめです。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ 中央のケーブル収納スペースは、マグネットで開閉する蓋つきです。
Lightningケーブルや、ヘッドフォンジャックアダプタ、AirTagなどを入れて、一緒に持ち運べます。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ 革製のハンドルつきで、運搬もしやすいです。

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

▲ この製品の気になる点は、あまりに大きいことです。
AppleがAirPods Maxに、このようなケースを採用しなかった理由が伺えます。
硬い素材で十分な保護性能があるので、もう少しスリムに作れたのではないかと思えます。
カバンに入れて持ち歩くには、かなりスペースを取ります。
車に載せて持ち運ぶなら問題ないでしょう。

まとめ

Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース

AirPods Max専用に作られたキャリングケースです。
高価なAirPods Maxを、安全に保護しながら持ち運べます。
大きさにだけ目をつぶれば、質感やデザイン性は申し分ありません。
Smart Caseなしでも入れられますが、併用がおすすめです。
ケーブルやAirTagが入るスペースがあるのは便利です。
価格はリーズナブルで導入しやすい製品です。

「Spigen Klasden AirPods Max用キャリングケース」は、メーカーのAmazon店で販売中です。
価格は税込2,990円です。

販売ページ:Amazon.co.jp

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO