【豆知識】iPhone/iPadの「バックグラウンドサウンド」機能。ホワイトノイズや雨音、波の音などを再生して、集中力を高める

バックグラウンドサウンド

iPhone/iPad/iPod touchには「バックグラウンドサウンド」を再生する機能があります。
雨音や波の音、ホワイトノイズなどを流して、リラックスしたり、集中力を高められます。

バックグラウンドサウンドの再生方法

バックグラウンドサウンドを流すには、以下の2通りの方法があります。

  • コントロールセンターの「聴覚」を使う
  • アクセシビリティの設定を使う

コントロールセンターを使う方が、簡単に再生・停止できるので、まずそちらを紹介します。

バックグラウンドサウンド

▲ 準備として、設定 > コントロールセンター で「聴覚」をコントロールセンターに加える必要があります。
「+」でコントロールセンターに加えて、「三」をドラッグして好きな場所に並べ替えてください。

バックグラウンドサウンド

▲ コントロールセンターを開いて、耳のアイコンをタップすると、「聴覚」の項目が開きます。

バックグラウンドサウンド

▲ 下のボタンか「バックグラウンドサウンド」の欄をタップすると、サウンドの再生が始まります。

バックグラウンドサウンド

▲ サウンドは以下の6種類から選べます。

  • バランスの取れたノイズ
  • ブライトノイズ(高い音)
  • ダークノイズ(低い音)
  • せせらぎ

Appleではバックグラウンドは、“気が散ることを最小限に抑え、集中したり、落ち着いたり、休んだりするときに役立ちます”としています。

バックグラウンドサウンド

デバイスのスピーカーから流れるほか、AirPodsなどBluetoothヘッドフォンで聴くこともできます。
音を止めるには、同じくコントロールセンターの「聴覚」を開いて、下のボタンをタップします。

デフォルトの設定では、音楽やビデオを再生しても、デバイスをスリープさせても、サウンドが流れ続けます。
「カメラ」でのビデオ撮影時にも流れ続けるので、収録した音声にバックグラウンドサウンドが入ってしまいます。

アクセシビリティの設定から再生する/設定を変える

「バックグラウンドサウンド」はコントロールセンターを使うほかに、「設定」アプリでも再生/停止できます。

バックグラウンドサウンド

▲ 設定 > アクセシビリティ > オーディオ/ビジュアル > バックグラウンドサウンド を開きます。

バックグラウンドサウンド

▲ いちばん上にある「バックグラウンドサウンド」のスイッチをオンにすると、再生が始まります。
その下にある「サウンド」欄で、種類を選べます。

この画面では、バックグラウンドサウンドの各種設定ができます。
音楽やビデオの再生時や、デバイスのスリープ(ロック)時に、サウンドが止まるように設定できます。

(情報はiOS/iPadOS 15.4時点のものです)

補足

HomePodにも「環境音」として、同様のサウンドを再生する機能があります。
iOS/iPadOSのバックグラウンドサウンドとは、再生できる音の種類が違います。
HomePodには、「夜」「森」「暖炉」のサウンドがあります。

HomePodの環境音イメージ

【豆知識】HomePodで環境音を再生する。テレワークや家庭学習の集中力を高める、ホワイトノイズや雨音、波の音などを再生可能

2020年3月15日

関連記事:HomePodで環境音を再生する。テレワークや家庭学習の集中力を高める、ホワイトノイズや雨音、波の音などを再生可能

コントロールセンターの「聴覚」の項目にある「ライブリスニング」は、AirPodsや対応するBeatsヘッドフォンなどを、補聴器のように使える機能です。
デバイスのマイクで捉えた音声を、接続したヘッドフォンで聴くことができます。

AirPodsのライブリスニング

【豆知識】AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

2019年2月10日

関連記事:AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen