【編集後記】Today at Appleの「ウォーク」セッション各種が、「ツアー」に名称変更。車椅子でも参加できます

フォトツアー

Apple Storeで実施されているToday at Appleのセッションの中には、撮影やスケッチをしに、店舗の外にでるものがあります。

写真撮影の「フォトウォーク」と、動画撮影の「ビデオウォーク」、Apple Pencilでスケッチする「アートウォーク」が実施されています。
これらのタイトルの「ウォーク」部分が最近、すべて「ツアー」に改められました。

アートツアー

これはおそらく、車椅子での参加者に配慮したのでしょう。
「ウォーク」がタイトルの頃からも、車椅子でも参加ができました。
「歩く」のが困難なひとでも受け入れていることを、より分かりやすく変更したのだと思われます。

街角の彫刻の写真を撮る人たちの姿

私もApple銀座で、当時の「フォトウォーク」に参加したことがありますが、とても楽しい時間でした。
車椅子の方も、ぜひ「ツアー」セッションに参加してみてください。

Photo Walks

【編集後記】Today at Appleのセッション「Photo Walks」参加レポート。購入直後のiPhone XRで銀座の街を撮影散歩

2018年11月18日

関連記事:【編集後記】Today at Appleのセッション「Photo Walks」参加レポート。購入直後のiPhone XRで銀座の街を撮影散歩

車椅子といえば、Apple Watchのアクティビティリングの「スタンド」は、車椅子ユーザーの場合は「ロール」になります。
1分立ち上がって歩くのと同じく、車椅子で1分動き回れば、「ロール」がカウントされます。
Apple Watchに限らず、Appleの全ハードウェアに、アクセシビリティ機能が備わっています。

Today at Appleの「ツアー」セッションでもわかるように、Apple Storeのお店自体も、障害を持つ方も利用しやいように配慮されています。
地理的なアクセシビリティにも配慮して、もっと全国各地に増えてほしいです。

Apple丸の内の外観

【編集後記】Apple丸の内は誰でも利用しやすい、多様性への配慮が進化した最新ストア

2019年9月8日

関連記事:【編集後記】Apple丸の内は誰でも利用しやすい、多様性への配慮が進化した最新ストア

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM