【レビュー】Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー(Bumpy)

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

Caseologyから発売されているAirPods(第3世代)用ケース「バンピー」(Bumpy)をレビューします。
TPU素材とポリカーボネート素材を使用した、ハイブリッド構造のケースです。
レビューにはメーカー提供の評価用サンプルを使用しています。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 「バンピー」は、このAirPods(第3世代)用が初登場となる新シリーズです。
従来のAirPods/AirPods Pro用や、iPhone用ケースもありません。
カラーバリエーションは無く、アーバングレイの1色のみです。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ クリアのポリカーボネート製ハードケースの側面を、TPU素材で巻いたような構造です。
ポリカーボネート部分は、梨地加工が施されていて半透明に見えます。
カラビナフックが付属しています。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 四隅の内側には、空気の層で衝撃を軽減するクッション構造が採用されています。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 充電ケースをボトムパーツに差し込んでから、蓋のパーツを被せます。
蓋のパーツにありがちな、両面テープなどは使われていませんが、しっかり固定されます。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ カラビナを取り付ければ完成です。
シンプルでかっこいいデザインです。
正面がクリア素材なので、充電ケースに入れた刻印も見せられます。
メーカーのロゴマークの位置は、刻印と被らないように配慮されているようです。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 側面のTPU素材は、Caseologyが得意としているサンドストーン加工が施されています。
石の表面をイメージした、ザラザラした仕上げです。
滑りにくく、傷が目立ちにくいです。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 蓋の開閉を妨げないように、裏側のヒンジ部分は開けられています。
設定ボタンはポリカーボネート素材で覆われていて、押せません。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ ボトムパーツと蓋のパーツに、指のひっかかる段差があり、開閉がしやすいです。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 充電コネクタ(Lightning端子)部分は、四角く広く開けられています。
端子が太めの充電ケーブルも接続できます。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 付属のカラビナで、バッグやベルトループに取り付けて持ち運べます。
ネックストラップなどに付け替えることもできます。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

▲ 収納したままワイヤレス充電器で充電ができます。
LEDインジケーターは、ポリカーボネート素材を通して透けて見えます。
ケースの厚みのために、MagSafe充電器のマグネットには吸着しません。

まとめ

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー

シンプルなデザインの中に、さまざまな工夫が施されたケースです。
TPUとポリカーボネート素材の配分が絶妙で、コンパクトで使いやすいです。
両面テープなどの粘着剤を使わなくても、蓋のパーツがしっかり固定されて外れにくいのには関心しました。
クオティが高く、使い勝手もよい製品です。

Caseology AirPods(第3世代)ケース バンピー(Bumpy)は、同社Amazon店で販売中です。
価格は税込2,080円です(記事投稿時)。

販売ページ:Amazon.co.jp

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO