【豆知識】AirPodsをiPod nanoで使う方法

AirPodsとiPod nano

AirPodsはiOS 10、watchOS 3、macOS Sierraのデバイスと、簡単にペアリングができます。
同じiCloudアカウントでログインしているデバイス間で、シームレスに接続先を変更できます。

それ以外のデバイスでも、通常のBluetoothヘッドセットとして使えます。
たとえばBluetoothを内蔵した、第7世代iPod nanoとも接続できます。
iPod nanoとの接続手順を解説します。

AirPodsとiPod nano

▲ 第7世代iPod nanoの「設定」で、Bluetoothをオンにします。
AirPods充電ケースのフタを開いて、背面にある設定ボタンを長押しします。
フタの内側にあるステータスランプが、白く点滅します。
iPod nanoのBluetoothデバイスリストに、AirPodsが表示されるので、タップして接続します。

AirPodsとiPod nano

▲ あとは通常のBluetoothヘッドセットと同じく、音楽を聴けます。
iPod nanoの場合は、AirPodsをダブルタップすると、音楽が再生・一時停止します。

AirPodsとiPod nano

▲ 同じ手順で、iPod nano以外のミュージックプレーヤー(第5世代iPod touchなど)とも接続できます。

関連する豆知識

公式サポート情報

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~