【豆知識】Apple Watchのランニングやウォーキングなどのワークアウトで、通ったルートを確認する

Apple Watch

Apple Watchで行うワークアウトの種類によっては、GPSで位置情報が記録され、通ったルートをあとで確認することができます。

屋外で行う以下のワークアウトが、ルートの記録に対応しています。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • オープンウォータースイミング
  • サイクリング

Apple Watch Series 2以降は、Apple Watchに内蔵されたGPSによりルートが記録されます。
第1世代とSeries 1のApple Watchは、位置情報の取得のためにiPhoneも携帯する必要があります。

通ったルートを振り返る

Apple Watchアクティビティ

▲ Apple Watchの純正「ワークアウト」アプリで行った運動のルートは、iPhoneの「アクティビティ」アプリで確認できます。

Apple Watchアクティビティ

▲ 「履歴」タブのカレンダーから、ワークアウトを行った日をタップします。
ワークアウトを行った日は、アクティビティリングの右上に緑色のマークが付いています。

Apple Watchアクティビティ

▲ 日別の詳細画面を開いたら、画面下部の「ワークアウト」欄を選択します。

Apple Watchアクティビティ

▲ 行ったワークアウトの詳細画面に移動します。
下の方に「経路」として地図が表示されています。
地図をタップすると、より大きな画面でルートを確認できます。
地図は「マップ」と「航空写真」の2種類のモードを切り替えられます。

公式サポート情報

関連する豆知識

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS