【アップデート】Apple公式「WWDC」アプリが、新バージョン7.2で日本語に対応

WWDC

AppleがiOSアプリケーション「WWDC」の新バージョンを公開しています。
米国で開催される、Appleによる開発者向けイベント「WWDC」の専用アプリケーションです。
セッションのビデオを見たり、スケジュールをチェックできます。

WWDC

新バージョン7.2で、インターフェースが日本語と中国語に対応しています。
Handoff機能にも対応したほか、機能の改善とバグの修正も行われています。

アプリケーションは無料でダウンロード・利用できます。


WWDC – Apple

ニュース解説

今年のWWDCは来月の3日から開催されます。

WWDC 2019

【ニュース】Appleの開発者向けイベント「WWDC 2019」6月3日から開催

2019年3月15日

関連記事:【ニュース】Appleの開発者向けイベント「WWDC 2019」6月3日から開催

アプリのインターフェースは日本語化されたものの、コンテンツは英語で提供されています。
開発者登録をしていない、一般ユーザーでも利用できます。
このアプリを入れると、アイコンなどをかたどったiMessage用ステッカーが使えるようになります。

【豆知識】Appleの「WWDC」アプリを入れると、専用のiMessageステッカーが使える

2018年6月9日

関連記事:【豆知識】Appleの「WWDC」アプリを入れると、専用のiMessageステッカーが使える

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~