【豆知識】AirPods(第3世代)のリモコン機能は、ダブルタップではなく「つまんで押す」。有線イヤフォンEarPodsのリモコンに似た操作を継承

AirPods(第3世代)

AirPods(第3世代)は、第1世代・第2世代とはリモコン機能の操作方法が変わっています。

AirPods(第3世代)

第1世代と第2世代は、AirPodsをダブルタップする操作方法でした。
第3世代はAirPods Proと同じ、軸の凹んだ部分を押して操作する方法に変わっています。
押す回数や長さを変えることで、音楽の操作やSiriの呼び出し、電話への応答などができます。

AirPods(第3世代)

物理的なボタンにはなっていません。
軸に内蔵された感圧センサーが、押されたことを検知して、命令が伝えられます。
軸を押す操作は、実際には2本指で「つまむ」動作になります。

AirPods(第3世代)のリモコン機能

  • 1回押す:音楽の再生/一時停止、電話に出る/切る
  • 2回押し:曲送り(次の曲にスキップ)、着信電話の拒否
  • 3回押し:曲戻し
  • 長押し:Siriの呼び出し

AirPods(第3世代)は、Hey Siriにも対応しています。
「ヘイシリ」と声で呼びかけることで、ハンズフリーでSiriを呼びだせます。

AirPods(第3世代)のリモコン操作は「EarPods」に似ている

AirPods(第3世代)とEarPods

AirPods(第1世代・第2世代)のリモコン機能は、本体をトントンと2回叩くダブルタップでした。
AirPods(第3世代)やAirPods Proのつまんで押す操作は、かつてiPhoneにも付属していた、Apple純正の有線接続イヤフォン「EarPods」のリモコンに似ています。

AirPods(第3世代)とEarPods

EarPodsのリモコンの中央ボタンも、AirPods(第3世代)と同じで、1回押しで音楽再生/一時停止、2回・3回押しで曲送り・曲戻しです。
AirPods(第1世代・第2世代)からAirPods(第3世代)に乗り換えた方は、変更に戸惑うかもしれませんが、EarPodsを使い慣れていたなら、スムーズに操作を覚えられます。

AirPods/AirPods Proのリモコン機能では、音量調節はできません。
Siriに頼むか、iPhone/Apple Watchで操作する必要があります(下記の関連する豆知識を参照)。

公式サポート情報

関連する豆知識

AirPods

【豆知識】AirPodsで音量調節・音楽を操作する方法。Siriへの頼み方、iPhone/Apple Watchを使う

2016年12月24日

AirPodsで音量調節・音楽を操作する方法。Siriへの頼み方、iPhone/Apple Watchを使う

AirPods Pro

【豆知識】AirPods Proのリモコン機能は、ダブルタップではなく「つまんで押す」。有線イヤホンEarPodsのリモコンに似た操作を継承

2019年11月3日

AirPods Proのリモコン機能は、ダブルタップではなく「つまんで押す」。有線イヤホンEarPodsのリモコンに似た操作を継承

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM