【レビュー】Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

Deffから発売されている「CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR」をレビューします。
iPhone XR用の、アルミ削りだし素材のバンパーです。
工具を使わずにiPhoneに装着・取り外しできます。
レビューにはメーカー提供品を使用しています。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ Deffのアルミ製バンパー「Cleave(クリーヴ)Aluminum Bumper」シリーズの中でも、この「Aloof(アルーフ)」は、iPhone XR用に作られた新作です。
iPhone X用に発売された「Virtue(ヴァーチュー)」に、初代Cleaveの「くびれ」を融合させたデザインとされています。
以下の6色のカラーバリエーションです。

  • シルバー(このページで使用)
  • ブラック
  • ブルー
  • オレンジ
  • レッド
  • ゴールド
Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ バンパーは上下2分割構造です。
Deff独自の機構「QuickLock」システムにより、工具を使わずに着脱できます。
重さは、わずか29gです。
内側の角にはシリコン素材が貼られており、iPhoneのボディが傷つくのを防ぎ、衝撃も軽減してくれます。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ QuickLockの底部側を押すと、フックが解放されてパーツを分離できます。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 上側のパーツに、iPhoneをスライドさせて挿入します。
そのあと底部のパーツを被せて、QuickLockのフックを押し戻して固定します。
かつてはiPhone用のアルミ製バンパーは、専用のネジで固定する製品がほとんどでした。
DeffのQuickLockシステムは、工具がなくても着脱できるので、外出先などでも取り外しができます。
ネジをまわすレンチを保管しておく必要もありません。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ iPhone XRのホワイトモデルに装着したところ。
Deffらしい格好いいフォルムです。
側面に厚みがあるものの、中央がくびれており、手にフィットして持ちやすいです。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 厚み方向にも、中央がくびれたフォルムです。
上下は緩やかに厚みが増して、突き出たカメラレンズを保護できるようになっています。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 前面側。
こちらも上下がわずかに厚みが増して、下向きに置いてもガラスを守れるようになっています。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 画面の下のエッジは、微妙に皿状に凹ませてあります。
iPhone Xシリーズで多用される、下からのスワイプ操作がしやすいように配慮したものでしょう。
このように製品全体に滑らかな曲線が用いられ、美しいフォルムに仕上げながらも、使いやすさも追求したデザインになっています。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 音量ボタンはアルミ製のパーツでカバーされています。
しっかりしたクリック感があり、押しやすいです。
消音スイッチまわりは、深く・広く削られていて、切り替え操作がしやすくなっています。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 反対側のサイドボタンも、音量ボタンと同じ仕上げで、快適に操作できます。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 底部の開口部は、横に広く開けられているように見えます。
内側では充電コネクタ(Lightning端子)の穴と、左右のスピーカー・マイク穴が独立しています。
強度を保つための設計と思われます。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ Apple純正のLightningアダプタなど13種が、接続できるかチェックしました。
幅広で短い「Lightning – 30ピンアダプタ」と「iPhone Lightning Dock」(写真左上のふたつ)が使えませんでした。

  • EarPods with Lightning Connector:OK
  • Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ:OK
  • Lightning – 30ピンアダプタ:×
  • Lightning – 30ピンアダプタ(0.2 m):OK
  • Lightning – Micro USBアダプタ:OK
  • Lightning – Digital AVアダプタ:OK
  • Lightning – VGAアダプタ:OK
  • Lightning – USBカメラアダプタ:OK
  • Lightning – USB 3カメラアダプタ:OK
  • Lightning – SDカードカメラリーダー(旧・MD822ZM/A):OK
  • Lightning – SDカードカメラリーダー(新・MJYT2AM/A):OK
  • Lightning – USB-Cケーブル:OK
  • iPhone Lightning Dock:×
Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ スピーカー穴の中に、金属製のワイヤーが1本通っています。
これはストラップを取り付けるためのフックです。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 底部のパーツを取り外して、ストラップの紐を通します。
一般的なストラップホールよりも目立たず、紐も通しやすい、賢い仕掛けです。
ただしデメリットもあり、絞ったストラップ紐を取り外すのが難しいです。
ストラップを外すには、ピンセットで紐を緩める必要がありました。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 底部の開口部まわりは、鋭利ではないものの、エッジが鋭くなっています。
この写真のように、片手で長時間保持すると、下で支えている指が痛くなるかもしれません。
両手で操作する場合は問題ありません。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ 装着したままワイヤレス充電も利用できます。

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

▲ ロジクールのスタンド型ワイヤレス充電器「Powered Wireless Charging Stand」には、「Aloof」の幅がありすぎて、クレードルに収まりませんでした。
写真のように、斜めにはみ出た状態でも充電できましたが、スタンドとしては不安定です。
横向きに置いて充電することはできました。
ベルキン BOOST↑UP ワイヤレス充電スタンド」の場合は、縦向き・横向きでも問題ありませんでした。

まとめ

Deff CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR

美しさと機能性を兼ね備えたアルミ製バンパーです。
工具を使わずに着脱できるので、ケースの着せ替えやSIMカードの交換も簡単です。
優美な曲線を描いたフォルムは、使いやすさに配慮して、注意深く設計されています。
Deffらしい高級感と格好よさで、自慢したくなる製品です。

Deffの「CLEAVE Aluminum Bumper Aloof for iPhone XR」は、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込8,000円(税別7,407円)です。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~